まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ただいま

パソコンの調子が悪いため、お返事が遅くなっております。ごめんなさい。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-09-17 08:16
今日、仕事から帰宅すると、ひろがカーネーションの花束をくれました。
あぁ、今日は給料日だったからかな?と思っていたら、今月の給料と一緒に手渡してくれたものは…。。。

「婚姻届」。
片方だけ記入してありました。

そういえば、今日区役所に行くって言ってたな…。

人の気持ちなんて変わるんだから。と何度も何度も荒れる私に、自分の気持ちを見せたいと言ってくれた。その気持ちが嬉しかった。
もう片方にも記入して、父親に渡した。いつか、色んなことが落ちついて、みんなに祝福される日まで。

勢いじゃなく、寂しさじゃなく。二人と子ども達の歩く未来が見えてきたら、その時、ひろと家族になりたいな。。。

お父さん、そこから私達が見えますか?今の私は、とてもとても幸せです。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-09-14 22:43 | 毎日の事

ふわり ふわり

はっきり言ってしまうのは、何だか自分を否定する気がして。
なかなか言えなかったんですけどね。
実は、自分の名前が嫌い。最近、いやでいやでしょうがない。
名前といっても、苗字の方。
離婚したのに、苗字を変えなかったから。
なので、離婚したのに、そのまま旦那の姓を名乗る私と子ども達。
小学生の長女が、「変えたくない」と言ったから。というのが、自分にとっても、周りに向けても一番聞こえのいい理由。
けれど、本当は私の未練が残っていたからだと思う。
あの時の私には、苗字を変えることはできなかった。
もしも、今の私なら…。。。


絶対に戻す。だれが何と言おうと。子どもに泣いてすがりつかれたとしても(←しないだろうけど・笑)。旦那の姓で生きていくなんて、考えただけでも……うっ……考えるのも嫌だし。
何だか、誰からも繋がっていない感じもするしなぁ。。。ルーツがないっていう感じ??

そういう訳で、やっぱり旧姓に戻そうかと考えているところです。
離婚後3ヶ月以内なら、手続きも比較的楽だったらしい。ということも、3ヶ月過ぎてから知り。。。やっぱり苦労しなさいってことなのね。
裁判所とは無縁に生きていきたいものです。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-09-12 22:31

やくそく

仕事が終わって、急いで着替えをすませ階段を1段抜かしで駆け上がる。
今日は、合唱の練習日。
今までだったら、絶対に参加してなかった。
歌うことは、とても好きだけど。
合唱の練習なんてかっこ悪い。だから、最初から参加しようとなんてしなかった。


高校を卒業して、専門学校に進学した。
それまでの人生の中で、一番充実してた。いつもいつも一生懸命だった。
適当で、探りあってて、作り笑いで過ごした高校までの私じゃない。
一生懸命なことは、かっこ悪いことじゃない。そんな雰囲気が大好きだった。

それなのに、私はいつか
らまた、なんとなく過ごすようになったのだろう。
一生懸命さを、本当は羨ましく思いながら、鼻で笑いながらすり抜けて過ごしてきたのだろう。
歌って、話して、涙を流して生きていくのだ。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-09-12 22:04 | 毎日の事

ワンピース

2日ほど前の夕方、元旦那から電話がかかる。
こども達の好きな漫画の単行本を買ったから家のポストに入れておくとのこと。

心配していただかなくても、漫画くらい買えますから。
そんなもんいらねぇから、養育費ちゃんとよこしやがれ。どあほ!!!
[PR]
by egaogafutatu | 2007-09-08 13:53 | 元夫のこと
この1週間、また鬱の症状がでていたため、底の方で暮らしていました。

先週の日曜日に、ひろが髪を切りに行って、それが思いがけずかっこよくなってて(←おいっ・笑)、きっかけはきっとそれ。
顔のつくりが変わったわけじゃないけど、目が変わった。今のひろは、目に力がある。だから、表情が変わった。そんな顔を見ていたら、「こんな私とずっと一緒に居てくれるわけない」
…なんて思い始めた。。。自分でも危ないなとは思ったんだけど。
でも、自分では止められない。
後になって、ひろが私の様子を見てて、そろそろ鬱がくるだろうなとは思ってたって言ってたから、きっとその前は相当にハイテンションだったんだと思う。

そんなこんなで、鬱の荒波に翻弄される1週間へ突入。
こんな自分は嫌だ、そんな事を言ったらダメだとわかっているのに、やらずにはいられないし、言わずにはいられない。不安で、不安で消えてしまいたくなる。
でも、本当は消えたくなんかないから、酷いことを聞いて試して確かめる。ここに居てもいいんでしょ?私はここに居てもいいんだよね?
聞いたところで確かめられるはずもなく。実感のない不安。
何回も、ひろにメールを送った。好きだと言われれば、同情はやめてくれと言ったし、逢いたいと言われれば、うそつくなと言った。我ながら酷い。
それでもひろは、「そんなことないよ」とメールを返信して、急いで帰宅してくれた。
何も話さず、目を見ることもせず夕飯を作っている私を抱きしめて「大丈夫か?」と聞いてくれた。
ちゃんと治したい。その時、初めてそう思った。

今は、少しずつあがってきてるから、今度はあがり過ぎないようにしたいのだけど。そのあたりのコントロールが難しいというところが病気なんだね。

わかってるなら、病気という自覚を持ちなさい。と言われ、深く反省などしています。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-09-08 13:46 | 病気のこと

This is love!

昨日は、子ども達は実家にお願いして、ひろと一緒にライブにいってきました。
ライブの後は、直行で帰宅。
豪華な食事も、居酒屋も、何もなくすぐさま帰宅。

豪華な食事なんか、いいお酒なんか何もないけど。
でも、なにもなくてもあったかい。
なにもなくても、とても幸せ。

朝、目が覚めたら隣にひろが寝てる。
そんな当たり前のことが、とても幸せ。
幸せって、当たり前の中にある。
そして、当たり前の中にしかないんだな……。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-09-03 00:42 | 彼のこと