まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

はてさて

ふと思ったこと。
自分に優しくない私が、人に優しくできるのか。。。
ただの偽善なんじゃないの?あなたのこと考えてますよ~ってフリしてるんじゃないの?
自分が実感できてない言葉で人を励まそうとするなんて、どれだけ思いあがってるんだよ。
何か伝えたいと感じたのは本当。
それは嘘ではないけれど、自分も癒せない私は人に優しくなんてない。

できてないよ。できてない。自分で感じてるほどには何もできてない。
もっと無力な自分を知りなさい。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-19 14:40 | 心がチクッとしたりして…
旦那が仕事から帰宅した。
お風呂の入ってから夕飯を覗きにキッチンにやってきたので、両手を広げて「ぎゅ~してー」と言ってみた。
「なんやーうるさいねぇ~」なんていいながら、思い切りぎゅ~ってしてくれた。
でも、あんまり旦那のぎゅ~が力強かったものだから、「痛いよ~」ってジタバタした拍子に旦那のTシャツにヨダレをつけちゃった。「あ、ごめーん(笑)」と言ったら、「きったねーー」と、旦那。

汚いだの、うるさいだの色々言われたけれど、目がとても優しい。
目が笑っていたら、それだけで気持ちは伝わってくるんだね。
私の不安定さも、疑う気持ちも、自分を肯定できない弱さも、とても前進してるとは言えないけれど、旦那の目は明らかに変わった。
そうだ、私の好きな人はいつもこんな目で私を見てくれていた。
優しいまなざしは、あたたかい。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-18 22:33 | 毎日の事

日記

昨日、些細なことで喧嘩…というより、私が勝手にはぶててた。何回かは、「どうしたの?」と聞いてくれた旦那も、私が何も伝えようとしないので私の態度を旦那なりに解釈し、そのまま放置。こういう時に黙って怒ってるのは私の悪いところ。旦那にも、ここを直せと言われてるけど、実際こういう状況になると言葉がでない。
一晩放置され、目が覚めると落ち着いていたので(旦那は夜中のうちに出勤)メールをしたら、電話がかかってきた。いつものモーニングコールがなかったところをみると、旦那も怒っていたんだろうねぇ。。。それでも、普通の口調で話してくれたので、素直になれた。こんなところ甘えててごめんね。…と心で言ってみたりした。
そして、旦那の解釈と、私の本心が違うということ。私の本当の気持ちを伝えた。…ら、またも私の早とちり。。。ということが判明した途端、旦那が怒り出した。
旦「いっつもそう。どうしてそんな事をしたのかを聞きもしないで、勝手に決め付けて怒り出す。そして、話しがややこしくなって問題が大きくなってしまうんだよ。ほんとにもう。そうでしょ?」
私「……」
旦「そうじゃない?」
私「…そうです」
こんな感じで、とりあえず問題は解決。

そして、夕方。
というか、夕方までに昨日のこととか旦那の態度とか色んな事を考えている間に、また考えは悪い方向へ…。
どうして旦那がこんなに優しいのか。今までだったら、喧嘩なんかした次の日は電話なんてくれなかったし、第一私が何かしらの失敗(旦那が居心地よく居るために笑顔を絶やさないとか、多少の難題も受け入れるとか、そういうことが完璧にできない)をすればすぐに離婚だの別居だのと言っていたのに、そんなこともなくなった。
もしかしたら、優しいのではなくて、心底私のことがどうでもよくなったんだ。だから、私なんて腹を立てる価値もなくなったんだ。きっとそうに違いない。…という結論に達してしまった。
だから、今日は子ども達は実家にお泊りの日なので仕事中の旦那に「今日は子ども達は実家に泊まる日なので、仕事が終わったらそのまま実家に行ってください」とメールした。私と二人で夕飯を食べるなんて嫌だろうと思ったから。
仕事が終わって旦那から電話がかかってきた。実家に直行することをすすめたけれど、とりあえず帰ると言って帰ってきた。ので、そのまま二人で食事をした。旦那はいたって普通。
そりゃそうよね。全部私がかってに想像して決め付けたことなんだから。旦那は、何も言ってないもの。。。
夕飯をすませてから旦那は子ども達の待つ実家へ。
玄関まで見送って、ハグといってらっしゃいのキス。ハグをしながら
私「ねぇ、私のこと好き?」
旦「ちょびーーーーっとね。ちょびーーーっと好き(笑)」
だそうです(沈)。

手を振りながら車を見送ってたら、曲がり角のところで少し止まって手を振って…そして、実家へ向かいました。
ちょびーーーーっとなんかヤダ。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-17 21:48 | 毎日の事

同じ場面

夏休みだから、唯一の連休だから…いろんな理由をつけたけど、本当は自宅であの日を迎えたくなかったのかな。

一年後の私達は、手をつないでお土産を買うため歩いていたよ。
玄関に飾る置物や、電話の横に置く小物を一緒に選べること。置いてある風景を一緒に思い描けること。
ささいなことだけど、同じ場面を想像できることはとても幸せなことだと気づいた。
一年後も同じでいい。同じがいい。
ささいで、何気なくて、穏やかなそんな毎日が続いて欲しい。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-17 21:17 | 毎日の事

ただいま~

山のような洗濯物を済ませ、カバンやら何やらを片付けて、ようやく一息つきました。
ふう~。。。
改めまして、ただいま帰りました。

楽しかったなぁ~。
13日の夜には「あれから一年だね」なんて、サラッと言ってやるつもりが、そんなタイミングなく過ぎてしまいました。。。
一日なんてね、何もなく過ぎていくほど幸せなことはないですよね。そんなことを一人しみじみと考えているうち夜があけたのでした。

旅行は、いつもより興奮度3割り増しの子ども達に振り回され、振り回された3日間でしたね。ま、とーーーっても楽しそうだったからヨシとしよう。この子達も一年前は、いいしれない不安を感じていたはずだから。

明日からまた仕事。頑張らなくっちゃ!
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-15 22:25 | 毎日の事

ここしばらく停滞していた気持ちが、少しずつ動き始めた。
気持ちがとまってしまうのは、とても苦しいから何とかそこから抜け出したいともがいてしまう。
もがくことは、悪いことではないけれど、もがき方を知らない私はすぐに助けを求めてしまう。溺れてしまって藁を必死に探し、それにつかまろうとしてた。
結局、そんな頼りない藁で助かるはずもなく、また沈んでしまうのだけれど、沈んでしまうのは藁のせいだと思っていた。だから、もっと強い藁になれと、私を救う藁になれと、そう旦那に要求してきた。
どうしてもっと抱きしめてくれないの?どうして優しい言葉をかけてくれないの?どうして私の苦しみをわかってくれないの?どうして?どうして?どうして?と。

今回の私が、今までの私と違っていたところ。
それは、旦那の力で苦しみから抜け出そうとしなかったところ。
「どうして浮気するような人に助けてもらわないといけないんだ。あんたになんか助けてもらうもんか」そう思いながら、仕事からの帰り道に何度も泣いた。自分で立ち直りたいと思った。
何も、怪しい行動はないけれど、不安にも襲われた。
けれど、初めて携帯も、車も調べなかった。

そして、少しずつ気持ちが動きはじめた。
仕事から帰宅した旦那と、キスをした。
また明日も旦那とキスがしたい。そう思える、そんなキス。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-11 22:42 | 毎日の事

もうすぐ

8月13日。
一年前のこの日。旦那の携帯を見て、女の存在を知った。妙にほっとしたのを覚えてる。
それは理由がわかった安堵感みたいな感じ。
7月の終わりくらいから、とにかく離婚したいの一点張りで話しもできない。旦那がそんなふうになってしまった理由がわかった日。
もうすぐ一年。
今年の8月13日は、家族で旅行にいく予定。
最近は、あえて女のことを話したりしてないけれど、旅行の日「一年過ぎたね」と伝えたいと思う。旦那は、どう答えるのかな。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-10 23:57 | これまでの事

今、苦しい波の中にいると思います。
ふと気を緩めると、涙がでてしまいます。

私には「許す」力も「忘れる」力もないんだなぁ。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-09 22:44 | 毎日の事
相変わらず旦那と何を話せばいいのかわからない。今まで、どんなふうに過ごしてきたのかもわからなくなってしまった。
話しかけないし、視線も合わせない私に対して、何も感じていないかのように普通に話しかけてくる旦那。
朝は、決まった時間に、そして仕事が終われば「今から帰るよ」と電話をくれる。家のことも何かと手伝ってくれる。
そして、キスをする。
あの時、冷酷な目で冷静な口調で離婚話しを進めたじゃないの。子どもはかわいそうだとは思うけど、それでも私とは暮らせないと言ったじゃないの。

話し方も、触れ方もわからない。キスなんかしたって、気持ちの溝はうまらない。
わかってるのに、拒否しない。拒否をするのが怖い。
またキスもしない関係になった時、自分自身がどんな状態になるかわからないから。
離れたいといいながら、キスを拒否することさえできない。
どうして私はこんなに情けないのか 悔しくてしょうがない。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-08 23:28 | 毎日の事
浮気をした方の苦しみってどんなだろう?旦那の言葉をそのまま信じたとしても、それは「後悔」であって、「苦しみ」ではない。
後悔はいい。次があるから。
繰り返さなければいいんだから。
どうして、私だけがこんなに自分の内側からえぐりとられるような苦しみを抱えなければいけないの?
あなたは、私がこんな苦しみを抱えていることを知ってるの?
もし、あなたの顔をみなければ思い出さずに過ごせるならば、もう何もいらないから。
あの時の会話も。嬉しかった夕方も。優しい思い出も。もう何もいらないから。この苦しさから解放されたい。

旦那と普通に話せなくなってしまった。
苦しい。悔しい。そんな気持ちがぐちゃぐちゃになってしまって、会話どころか、視線を合わすことさえ嫌だ。
側をすれ違うのも嫌だし、何故今まで私を騙した人に抱きしめられたいなんて思っていたのかもわからない。
話しかけても、聞こえないふりをして答えない。電話にもでないし、かけもしない。必要最低限のことしか話さない。もちろん笑わない。そんな私の態度に早く愛想をつかしてくれたらいい。
やっぱり、やり直すなんて無理だった。とあの女のところにいってくれたらいい。
もう、騙されるのも疑うのも、苦しむのも泣くのも嫌だ。
もう嫌だ。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-08-07 22:28 | 毎日の事