まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー

<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

私信です。

旦那が浮気をしてから、全てが自分の指の間からサラサラとなくなってしまったと思っていた。
どんなに止めようと思っても次から次へとこぼれ落ちていく。
私は、なすすべもなくただ呆然と、それを見ていることしかできない。
なんて無力なんだろう。今まで何のために生きてきたんだろう。
もしかしたら、私の手のひらにはこぼれ落ちるものなんて最初から何もなかったのかもしれない。
そう思えて、情けなくて虚しくて産まれてきたことさえも恨めしかった。

でも、それは違う。
私は何もなくしてはいない。
大きな苦しみと、計り知れない不安に押しつぶされそうになることはあるけれど。
ずっと前から私は私だし、これからもそれは変わらない。
だから、私は何もなくしてない。
私だけじゃない。同じような夜を過ごしているあなたも。
あなたも何もなくしてないよ。そして、なにも崩れてはいないから。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-31 22:12 | 毎日の事

女がすたる

ここ2,3日、また苦しい時期に入っているなぁと思う。いい加減にホルモンのサイクルから逃れられないものかと思うけれど、どうしても波にのまれてしまう。。。
週末、旦那の帰りがいつもより30分くらい遅かった。
そしたらもう、頭の中は「疑い」でいっぱいになる。調べるのはやめようと思っていた車の中も、捜査せずにはいられなくなる。

喧嘩になるのは、いつもこの頃で結局「まだ、疑っていたのか。最近、またおかしくなってるとは思っていた。車を調べてるのも知ってた。いつまで俺はそんな事をされなければいけないんだ」と言われてしまう。
先月、同じ理由で喧嘩になった時もそう言われたので「おかしくなってるのがわかったら、フォローせんかいっ。何普通に過ごしてんだよっ」と暴言返し&初逆キレをしてみました。
それから、今回が初めての落ち込みの波なので、旦那がどうでるかがちょっと気になるところではあります。
きっと、旦那は気づいているはず。いつもは仕事が終わって旦那からの帰るコールがあるまで私の方からは連絡しないけれど、終わりそうな時間には我慢できなくなって私の方からかけてしまうし、何故こんなに(といても30分だけど…)遅くなるのか、何度も聞くし。。。
今のところ、怒ったりせずに説明してくれている。私が気になっているであろうことを聞かれる前に答えてくれたり、ぎゅ~やキスなどスキンシップも力強い(気持ち的にね。逃げ腰じゃないというか…)。
今は、それでも疑ってしまう。私の気持ちを汲んでくれればくれるほど、実は女とうまくいっているから、私に優しいんじゃないか…。とか。。。
だから、車も携帯も調べたい。できればGPSとか、盗聴器を仕掛けてもいいくらいの勢いはある。

今、私はとても不安を感じている。
不安を感じている私が、これからどのような行動を選ぶかは、私だけが決めていい。
どんな行動を起してもいい。私は行動の責任さえとればよいのだ。

車を調べて、一時の安心を得るか。ここはぐっと我慢して(とりあえず怪しいことは何もないのだから)波が過ぎ去るのを待つか。
今までは、結局調べていたんだけど、今回は調べずにいたい。

それは、先月の私の逆キレをうけて、旦那が変わろうとしてくれているのがわかるから。今、自分を支えないと、女がすたる。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-30 17:28 | 毎日の事

夏休み

小学生の娘達が夏休みに入って、家にいるので、何かあったら連絡できるように、私の職場と、旦那の携帯番号を書いて電話のところに置いておいたら、一日の間に何度も何度も旦那に電話しているらしい。
旦那がふと気づいたら20回くらい着信があるからびっくりして家に電話をしたら、「お姉ちゃんが意地悪した」だの、「冷蔵庫のお菓子食べていいか?」だのと、くだらない用事のオンパレードだそうで(笑)。
きっとそうだろうと思ってはいても、心配性の旦那は着信を無視することもできず、せっせと折り返し電話をいれてくれてるみたい。お陰で、私は心配なく仕事の励めています(笑)。
「何回も電話してくるから、こまるよ~」と愚痴ってたけれど、今日、夕飯のときボソッと「子供だけだから寂しいんだろうね…」と言ってた旦那。


…………。その言葉、去年のあなたに聞かせてあげたいよ。これが、去年なら、絶対着信なんか無視してた。
よかったね。もとに戻って。
去年なんてなかったらよかっのに。

去年の今頃、今までで一番辛かった頃…。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-26 21:58 | 毎日の事

お弁当

何だか、自分ばっかりが頑張ってる気がして、疲れてしまったので夜中の弁当作りをすっかりやめてしまった。作ったところで、感謝されるわけでもないし、かといって当たり前の事として日常に位置づけるには、仕事をもつ身の私としては過酷すぎるから。
一言「ありがとう」とかさ、「おいしかったよ」なんていう言葉でもあれば頑張っちゃうんだけどね(あ~何回かはあったかな?)。ま、弁当を作らないぶん、家計の支障がでない範囲でお小遣いも多めにわたしてはいたのだけれど…。
今日の夕飯の時、
「最近、弁当がないけど、弁当がないってことはお金いつもよりたくさん使うってことなんよ(わかってる?)」って言われた。
じゃぁ、「お弁当ありがとう。ぎゅっアーンドちゅっ」くらいやってみろ!!
そしたら、少し前の私なら眠い目をこすりながらでも作ったさ。けれど、今の私は。。。
多分、作らない。

だって眠たいもん。
なので、同じように困った顔して「そうだよねぇ~。。。」なんて応えておきました。
眠さをこらえてお弁当は作れないけれど、お小遣いは少し奮発しよう。腹が減っては戦はできないからね。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-24 23:14 | 毎日の事

初めて

存在することは、噂には聞いていたけれど自分から覗いたところで嫌な気分になるだけだと思うから、探したりしたことなかったのですが…。
初めて読んでしまいました。「不倫してる人のブログ」
それは、結構辛いことが書いてありました。
女としてどうなのか。とか、旦那のことちゃんと見てたのか。とか、愛されてないのにどうして離婚しないのか。などなど。。。
最初は、嫌な奴だなぁと思って、腹も立つし一言コメントでも残してやろうか。とか思ったりしたのですが、それでも、読んでいくうち、何だか同じような寂しさを抱えているのかなぁなんて感じてしまいました。こんなコト書いたら、浮気されたあんたなんかと一緒にしないで。とか言われてしまうかもしれないけれど(笑)。
勢いのある言葉で、「妻」のことを時には馬鹿にしたり、哀れんだり。でも、ほぼ毎日更新されているそのブログには、「妻」のことばかり。この人は一日の大半を妻のことを考えながら過ごしているんだなぁ…と思うと少しかわいそうになったりした。
きっと、不安なんだろうなぁ。そして、本当はわかっているんだろうな。嫌だ嫌だといいながら結局離婚なんてせず、家庭に帰っていくのは子どものためなんかじゃないってことを。
その人は、家族のことも、もちろんあなたのことも大事になんか思ってないよ。大事なのは、自分だけ。
「妻」に向けられた怒りのエネルギーが、自分を守る力に変わるといいなぁ。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-22 23:03 | 毎日の事

呪い

私の仕事は、チームで取り組む事がほとんどなので、その中で「自分」というものをさらけださないわけにはいかない。一日の大半、そして一年のほとんど毎日を一緒に過ごすのだから、たとえ隠していても出てきてしまう…。それが「自分」。

大学をでたばかりの若い子から、何年も経験を積んできたベテランまで、色々な世代の人が集まってスクラムを組む。一人ひとりの個性や得意なことを生かしながら。そんな職業について、早や13年。早いなぁ~。
いつも、自分と気が合う人や考え方の同じ人と組めるわけではないから、もちろん衝突したこともある。仕事を続ける自信がなくなったことも一度や二度ではない。けれど、そのたびにたくさん話し合ってきたし、違う考えを受け入れたり、受け止めてもらったり…そうしながら今日まで頑張ってきた。

先日、飲み会の席で、今年一緒に組むことになった上司(女性の方です)から
「クローバーさんって、本当にかわいいよね。今まで、色んな人に出会って色んな人と一緒に仕事をしてきたけれど、クローバーさんみたいな人に出会ったのは初めて。本当にかわいい。かわいいというか、チャーミングというか…」と言われた。何だかくすぐったくて「そんなに褒めても何もでませんよ~」なんてごまかしたけれど、嬉しかった。

今までにも何人かに言われた事がある。
いつも何事にも一生懸命だね…。
一緒に仕事ができて幸せだった…。と。

そして、言われる。「旦那さんは、クローバーさんのそんなところがかわいくてたまらないんだろうね」

…。いいえ。残念ながら、そんなこと思われていません(沈)。
どうして、他人とはちゃんとした関係が作れるのに、旦那とはうまくいかないのか。。。そう悩んだこともあった。そんな私に旦那は言った。
「お前、ただ外面がいいだけなんだろ。そいつらにお前の実態を見せてやりたい」

そうなんだと、あっさり信じてしまった。
いい関係が築けないのは唯一旦那とだけなのにもかかわらず、旦那の言葉は呪いのように私を縛りつけていた。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-22 16:30 | これまでの事
自分なりに色々と考えてみました。
そして、出した結論は…。ズバリ!!
「それは、私が旦那にとって都合のいい女だから」

適度に優しくしてれば、身の回りのことはしてくれるし、時々離婚をチラつかせておけば携帯を見られることもなくなったし。喧嘩なんかして、労力使う必要もないじゃん。

こうなんだと思う。くそ~。都合のいい女かーーー。。。

自分の結論に自分でへこたれたりした。ま、いっか。結論がでたので、次は対策を練るとしよう。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-22 16:04 | 毎日の事

みなさんの意見を募集中

どうして、旦那が優しいのかわかりません。
先日、言い合いになってから解決していないし、その時も確かに旦那は「もう別れたい」と言いました。それなのに、いたって普通なのです。その事にも特に触れることなく、かといってよそよそしい感じでもなく…。

何を思っての行動なのか、全くわからないのです。でも、聞くに聞けない。わからない事は聞けばいいのに。考えすぎちゃって、もう聞けない。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-21 23:32 | 毎日の事

二つの気持ち

一瞬の笑顔が見たかったから、仕事から帰ってどんなに疲れていても家事は一人でこなしてた。いってらっしゃいのキスがしたかったから、夜中に出掛けるあなたのお弁当を毎日作った。いつまでも疑われるのが嫌だと言われれば、携帯も見ないようにしたし、聞きたい事も我慢した。
でも、もう疲れちゃったな。

どうでもよくなった。と思いながら、優しくされると安心してしまう気持ち。
どちらの気持ちも消えてくれない。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-20 23:22 | 毎日の事

我ながら…

今までの記事を読み返してみました。
すごい。感情の波が。
ここのブログに引っ越した時、心機一転という思いもあったのですが、場所をかえ、できるだけ自分の正直な気持ちを記したいと思っていました。だから、情けないことも、再構築なんていって、全くかわれない自分も、旦那のことも正直に綴ってきました。
そしたらば、すごい。すごい「揺れ」の中にいる私。

でも、ここがあるから普通の顔して過ごせたのかもしれないな…。仕事も休まず、よく頑張ったよ。そのくらい揺れてました(笑)。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-19 22:25 | これまでの事