まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

誓約書

あんなに謝って、誓約書を書くことを約束した女から、いまだに何も送られてはこない。
結局、その程度の女なのかと思ってしまう。
何ひとつ難しいことなんてお願いしていないのに。
もう二度と、旦那との接触をもたないということを約束して欲しいだけなのに。

何だか自分一人が空回り。そんな気がしてやりきれなくなる。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-30 21:22 | 毎日の事

言えば言ったで。

すっかり旦那が女に舞い上がっていた頃。
旦那から女に送ったメールを発見した私は、早速女に電話。電話の途中で旦那に気付かれてしまい、話しの途中でとりあえず電話を切る。
浮気の証拠をつきつけ旦那の事を酷く罵ったと思う。そんな私の事を旦那は殴った。
その時に言われた言葉。
「殴ってしまったけど、正直悪いことをしたとは思ってない。それよりも彼女をこんなことに巻き込んで申し訳けない気持ちでいっぱいだ」と。
そして、「もし彼女に迷惑をかけるようなことがあったら、絶対に私のことを許さない」とも。

今日、なかなか誓約書を送ってこない女に、再度メールをした。
旦那にそのことを伝えると…
旦「ふーん。そっか、早く送ってくれればいいのにね」
私「ねえ、今回の事で女が会社やめたらどうする?」
旦「どうするって?どうもしないよ。その方がクローバーの心配事が減っていいと思うけど」
私「何も感じないの?」
旦「うん。何も」

ま、とても気持ちの優しい人だから、感じてないわけはないと思うのだけど。
でも、はっきり何も感じないといわれてしまうと、おい、少しは感じろよと思ってしまう私。
そういえば、この頃女のことを擁護するような言葉を一切言わなくなってきた。
それで私の気持ちが少しでも晴れるなら、思うようにしたらいいと言い始めた。少し前も、そう言っていたけれど、その時は(でも、本当にやったら気持ちが離れるかもしれないよ)という言葉がくっついていたから、今とは全然違う。

今の旦那を信じたい。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-27 19:23 | 毎日の事
今回の事は、女と直接話したから私の中で嫌な過去(の妄想)が膨らんでしまったというのが大きな原因と思われる。
そうなると、sexすることで不安を解消しようとする。
でも、そういう時に誘っても必ず断わられる。今日はぎゅ~して寝ようね。とか、腕枕してあげるから、ここにおいで。とか言って、やんわりと断わられてしまう。それは、旦那の優しさだし精一杯受け止めようとしてくれているのは分かる。今なら。
今なら分かるのだけど、その時はわからない。拒絶されているような気分になる。
こういう時に抱いてくれたら…。そう感じてしまう。
そして、もめる。そのうちに旦那も怒り始める。

私がこうなったら、旦那は私の望みどうりの行動をして欲しい。
私が言っているのは、まさにこう。
活字にしてみると、余計に自分の身勝手さにうろたえてしまう。
私はこんな事を要求してるのだなぁと改めて気付く。
自分の辛い気持ちを吐き出すことは、大事なことだと思うし、人間だから時には吐き出し方を間違えてしまう事もある。それはしょうがない。
けれど、吐き出す事で相手をコントロールしようとしてはいけない。所詮、そんなことはできないのだから。
変えられるのは自分だけ。コントロールできるのも自分だけ。
私も、自分の涙に酔ったままではいけないのだから。旦那を意のままに動かすために一緒に居るんじゃない。もう一度やり直すために、私たちは一緒にいることを決めたのだから。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-27 18:55 | 毎日の事

これから

先日、女と直接話しをして、その事は一段落つけなければいけないのだけど…。つけなければいけないというのは、旦那に対してという部分が大きいかな。
旦那の場合はやった方だから、予定通りの回復を望んでいる。こうやったのだから、次はこうなる…。というように。
だから、そうは思っても気持ちがついていかないでは嫌みたい。

私は、直接話したことで、安心できた部分もあるけれど(あくまで話した感じでの推測だけど)、今さらながら「やっぱり相手あってのことだったんだ」と実感してしまったところもあって、振り出しに戻ってしまった私が再びグズグズ言い始めています。
昨夜も、お酒を呑んで荒れた私を、どう対処すればよいのかわからなくなった旦那は「やっぱり無理なんよ」と言い残して、指輪を外して仕事に出掛けました。
いつも決まった時間にかかってくる電話も、今日はかからず…。
私は、一時期でも私以外の人のことを好きになった人を許せるのかな?
やっぱり蘇る。家では冷酷で私にも、子ども達にも散々ヒドイ事を言いながら、同時に女には「好きです」なんていうメールを送っていたという事実を。今の旦那に言わせると「あの頃は自分にのぼせてた。どんなに思い出そうと思っても、どんな気持ちだったか実際に何をしたか、ほとんど思いだせない。ちゃんと話せれば、安心してもらえるとは思うけど」なんだそうだけれど、あなたが忘れても、私覚えてますから。
あの時の言葉。態度。表情。
私の中では「私への冷酷な態度=女への愛情」という図式が成り立っているので、あんなにも大切だった女の事を、今になって「ほとんど覚えていない」という旦那の感覚が理解できない。
浮気って、その程度の事なの?それとも、まだ私を騙しているの?
だから私はどうすればいいの?
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-27 09:09 | 毎日の事

色んな意味で忙しい

また、色んなことが起きました。
だらけるような平穏な日々が懐かしい…。

一番大きな出来事は、ようやく女と直接話した。ということになろうかと思います。
まだ女と続いていたことがわかった時から、私は女と話すことを望んでいたのですが、旦那の望みは一つ。「穏便解決」
ある時は、もう二度と裏切らないから信じて欲しい…。という旦那の言葉に。またある時は優しく抱きしめてくれるぬくもりに…。そうだ、これからは私達夫婦の問題なんだから。と、女と直接話すことを思いとどまってはきましたが、やっぱり同じところをグルグルしてしまうんですよね。

ある日のメールより…
(旦那の説得により思いとどまった2日後にまた、私が女と直接話したいと言い出した)
旦「また話しがふりだしに戻ったみたい 結局は何はなしても無駄だったね」
私「もう直接話します」
旦「なんかつかれたよ」
私「それはもう私の事を投げ出したっていうこと?」
旦「クローバーがそんな風になったら、家に帰りたくなくなる」
私「どうでもいいってことね。よくわかった。今は○○くん(←旦那)が一緒にいてなだめてくれるから少し頭を冷やそうと思うけど、それがなくなったら突っ走ると思う。悪いとは思うけども。もう、ここをさけては通れないから」
…しばらーーーく返信がなく…。

旦「面倒くさいことから逃げるのは、自分の悪い癖。ちゃんと話さないといけないよね。自分より(クローバーの方が)しんどいのにね。ごめんね」

こんなメールがきました。正直、嬉しくて涙がでました。…と、いつもの私ならば再びここで思いとどまるのですが、その日はとどまりませんでした。もう、とどめていてはダメだと思ったからです。早速、女にメールしました。
今まで何度か送ったメールはすべて無視だったので、これ以上無視するつもりならば、私にも考えがあるということ。そして、これ以上はもう待つつもりはないということを。
30分後、女から電話がありました。
女は、何度も謝りました。状況も、旦那から聞いていたのと同じだったし、何よりも謝罪の言葉が口先だけの言葉ではないと感じたから。わかりました。と言いました。
その上で、これからの事を約束してもらいました。たとえ、仕事の話しであろうと、もう二度と旦那との接触をもたないということを誓約書に記してもらい郵送してもらうことにしました。

女とのことは、これで終わりです。でも、ここからが本当の戦いです。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-24 22:08 | 毎日の事

小さいけれど大事なこと

今日は、また気持ちが下降線をたどっています。
月のものもそろそろだし、くるかな?と予測はしていたけれどやはりきた。
色んな方のブログ等を読ませて頂く限りでは、「フラバの時には主人に優しく抱きしめてもらい、私の話しを聞いてもらいました」という一文を目にする事が多い。と思う。
これ、とても羨ましい。
された側の苦しみは、とても理解できる。人の文章を読んでるうちに、自分の経験と混乱してしまって息苦しくなってしまうほど。(こんな状態の時は読んではいけないのよね、きっと)
時にフラバにおそわれる痛みも、それをそのまま受け止めて欲しい気持ちもとてもとてもよくわかる。だから、後は旦那に抱きしめてもらえればいいのだけれど、そうは問屋がおろさない。
グズグズ言ってたり、恨みがましいこと言ってると「じゃぁ、どうしたらいいの?クローバーはそんな苦しい思いばかりしてまで自分と一緒にいる意味があるの?」なんていうヒドイ言葉を浴びる結果となる。
そして、何時間も話しあったりして夜が明ける頃になってようやく「私はただ不安な気持ちを受け止めて欲しかった。ぎゅっと抱きしめてほしかっただけなのに…」という結論に達する。その頃には私も旦那もヘトヘト。「それならそう言えばいいじゃないの…」という事になったりする。
こんな事を、もう数え切れないほど繰り返した。まだ、本当の再構築が始まってから1ヶ月の私達。なのにこんな夜ばかりなんだから、そりゃぁ寝不足にもなるよね。
今日も、あやうく恨みつらみを言ってしまいそうになった。ま、あんなヒドイ事したのだからイヤミの一つ二つ我慢しろ!というのが本音ではありますが。。。そこはぐっと堪えて。
リビングで寝転んでいる旦那に寄り添うように横になってみた。そしたら
旦「どうしたの?また、苦しくなったの?」
私「うん。少し苦しくて…」
そういうと、何も言わず腕枕をしてくれた。

少し手伝ってもらいながら…。でも、自分で立ちあがる気持ちがなければ、きっと立ち直れない。そんな気持ちになった。

少しは私の痛みを知れ!と思っている時には、これぽっちも伝わらなかった気持ち。
そして、グズグズするなと言われている間は、ずっと同じ場所でグズグズしていた気持ち。

マイナスの転がってしまうのも、そうでないのも、きっかけは本当に些細な事だったんだな…。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-16 22:32 | 毎日の事

きっかけ

事実だけを思い返してみる。
完全に別居(連絡を全くとらない、所在も出勤しているのかさえもわからなかった)となって1ヶ月が過ぎた頃、旦那の方から連絡があった。
きっかけは子どもの保育園申請の書類。
所在がわからないから、会社に郵送した。その書類を投函してから2,3日後だったと思う。
朝、旦那から電話があった。
「家に帰ろうと思う。これからずっと」
自主帰還だと思っていた。なのにナゼか苦しんでいるのは私一人。旦那からは、これっぽっちも頑張ろうという姿はみえない。
試されているような。そんな毎日。もちろんsexなんてあるはずがない。
でも、女とまだ続いているなんてこれぽっちも疑わなかった。いや、意識してなかっただけで疑っていたのかもしれない。
それから3ヶ月がたち、ほぼ1年ぶりに私達はsexをした。そしてキスしたり、ハグしたりすることが再び日常になった頃、旦那が女とまだ続いている事を知った。
取り乱し、泣き叫ぶ私に旦那はただただ謝った。本当にごめん。クローバーとやり直したい。そう言った。
それから今日までの1ヶ月間、幾度となく荒れる私を投げ出さず、時には優しく、時には切れながらも、でも投げ出さず傍にいてくれる。

いつ、何をきっかけに気持ちが変わったのだろう?

去年の夏、とにかく離婚したいと言われた。
別居後、家に帰ってからも心の中に女がいたことは間違いない。
何がきっかけだったのだろう…。
それがわかれば安心できるような気がする。
それをやめなければ、もう旦那の心が離れることはないのだから。
教えてほしい。そうしたら、一生それを続けるから。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-14 21:51 | 毎日の事

私の課題

うちの場合、別居後、旦那が自分から「家に帰る。これからずっと」と宣言して帰ってきたにもかかわらず、女と続いていたわけだから、そんな人の事をそうやすやすとは信じられない。
これ、当たり前。
ナゼ疑う?なんてのは愚問というモノです。
もし、「私は信じられるね」なんて人がいるならば、連れてきてみて。

これは、確かに正論だとは思う。
実際、私の心の中は少なからず、いつもこんな感じだったし。
「こんなにつらいのはあなたのせいなのだから、きっちり立ち直らせるまで責任とってもらいますからね(睨)」
こんな感じ。

でも、この部分だけにしがみついてたらダメなんだよね。
優しくされたいから(あるいは優しくされた経験があるから)、ついこんな負の感情で迫ったり、つめよったりしてしまうのだけど。。。
傷を負ったのは確かにそう。
だけど、「だから何とかしてよ」って言われ続けたら、私だって嫌になるよ。
そりゃそうだ。

マイナス面からのアピールをしない事。(たまにはぶつかる事も必要だけどね)旦那が努力してくれている。その事実を疑わない事。
私の課題。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-13 02:24 | 毎日の事

返事

「どちらでもない」
「そんなふうに考えてない」
「今はわからない」
「うーーん、少し」
「大じゃなくて中。いや、小かな(笑)」
「うん。中」
そして、今日。。。
「うん」

同じ質問に対する旦那の答え。
ちなみに、ひとつめと、ふたつめは、旦那から離婚したいといわれ女の存在に私が気付いた頃。
3つ目は別居をへて帰宅はしていたけれど、まだ女と連絡をとっていた頃のものです。

さて、私はどんな質問をしていたでしょう?

正解は…
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-10 22:15 | 毎日の事

最近の私

恥ずかしい事だけど、これをかかなくちゃつたわらないかな。
恥ずかしいなら書かなければいいのだけれど。
自分を整理したいし、心のふんぎりをつけるためにも。。。

最近の私は…
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-09 00:43 | 毎日の事