まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:毎日の事( 126 )

日記

「そうだ日記をつけてみよう」と思いたったので、ガサゴソと本棚を漁ってみたら、なんと7年前の日記がでてきました。ちなみに、7年前も、ふと思いついたらしく3日しかつけてなかったし。まさしく3日坊主だし(笑)。
その日記には、「お前のことなんか嫌いじゃ」とか、「結婚したことを後悔しとる」なんてゆう元旦那定番(十八番ともいう)の暴言に、ことごとく打ちのめされている様が書き綴られていました。今さらながら腹立たしい。
なんだか記憶の中では、ずっと仲良しだった夫婦が、ある日を境に崩壊してしまった。その崩壊の原因は、大方、私のほうにあった。だから私が変わらなくちゃ。私がかわらなくちゃ、大切なものをなくしてしまう。

…そんな感じに摩り替わっていたけれど、少なくても7年前にすでに暴言はあった。7年前っていったら、結婚3年目ですわよ???一体、何年くらい暴言吐かれれば目が覚めるんだよっって話しですよね。あはは(笑)←あははじゃねぇよ。
そういえば、よく喧嘩してたなぁ。。。それは、元旦那のせいなのか、私のせいなのか、それとも若さのせいなのか…今となってはわからないけれど。

好きな人と一緒にいるということは、もっと幸せで、楽しくて、穏やかなものなんだということを、あの頃の自分に教えてあげたい。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-08-10 22:51 | 毎日の事

朝の準備

昨日は、月一回の元旦那と子ども達との面会の日。
旦那の実家に泊まって、今朝三人が帰ってきました。三女は、やっぱり泣いていたけど、長女と次女は比較的落ち着いている様子。
ホントなら感じなくていい寂しさと、ホントなら背負わなくてよかった現実。
耐えてる姿も、泣き叫ぶ姿も。どちらも見るのは辛い。
「ごめんね」と心の中で謝りながら。
「早くしないと学校遅れるよ~」と、朝の支度をせかす。
言葉にならない感情を、みんなが抱えながら。
一人ひとりが準備をすすめる朝。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-07-17 15:10 | 毎日の事

死ぬほど愛して

久しぶりに、不倫した夫(時々妻)との再構築にむけ頑張る方々の掲示板を真剣によんでみた。一時は、私も毎日のように読んでは涙を流した掲示板。「不倫をする人」というのは、不思議なくらい同じような言動をすることを知り、辛いのは私だけじゃないんだと知った掲示板。
そこには、今も辛い状況の中頑張っている人がいて、どうしてそんなに苦しまないといけないのかと、少し胸が痛くなったりした。
うちの場合は、モラだったし浮気もしたしで結局、離婚という道を選んだけれど、それでも決心するまでに浮気発覚から2年もかかったんだから、何かを諦めきれない気持ちはよくわかるんだけどね。でも、やっぱり「こんな男なんかポイッと捨ててやれ!」とか思ってしまうわけです。
こんな状況を経て離婚すると、「離婚しました。だから今日からハイ、スッキリ」というわけにはいかないしね。
どちらかというと、能天気な私だけど。スルリスルリと生きていけると思っていたけど。ここのところは、ほとんど浮くことなく沈みっぱなしで生きているし。そんな沈んだ自分を隠すために、外では過剰に明るく振舞わないといけないから、身近な人の前では異常なくらい当り散らしたり。。。
そうかと思えば、「どうせアタシのことなんて…」とか言ってメソメソしてみたり、思いがけない一言で突然音信不通になったりして…。危なっかしいったらありゃしない(笑)←笑いごとじゃないし。
そんな刻々と変わる私の事を、もてあますことなく受け止めてくれてありがとう。
どんなに愛したところで、「どうせ人の心なんて変わるんだから」なんて言われても、へこたれない根性を一生持ち続けてほしいと思っています。(オイッ・笑)
掲示板のことを書こうと思っていたけど。彼のことになっちゃいましたね。ま、いっか。
あなたのお陰で、今日までこれました。なんて口がさけても言わないけど。
見捨てずに。どうぞよろしく。文章まとまらなくてすみません。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-07-13 17:22 | 毎日の事

用件はメールでどうぞ。

昨日、また旦那から着信があった。
20時頃。大事な用事があるなら、またかけてくるだろうと思って、放っておいたら、それからはかかってこなかった。

2週間からい前にも同じようなことがあった。
かけ直さなかったから、結局何の用件だったのかわからなかったけれど、先日の子どもと旦那との面会の日に旦那が教えてくれた。

「この前スロットしよったら、あと1000円で絶対かかるっていう時に、お金がなくなったけぇお前に電話したんで~」
と、笑顔の旦那。


………。
………。
………。

……お金がなくなったから持って来いってか???
こいつって奴は。。。アホすぎて、頭をぶつける豆腐もねぇよ。
昨日の電話も、絶対そんなことなんだろうよ。全く。

あぁ誰か、携帯を変えたいシングルマザーに愛の手を。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-06-27 22:24 | 毎日の事

手紙

今週いっぱいは実家に泊まっています。
起きる時には、色んなことが立て続けに起きますね。

昨日、さて寝ようと思ったら昔色んな人からもらった手紙が、紙袋に入って押入れの奥からでてきました。結婚する時にも同じくらい持って出たのに、再び。
授業中にこっそり先生の目をぬすんで回ってきた手紙なんかは、読んでてとてもおもしろい。
しかも、「クローバーへ。昨日は、谷 啓ハチマキありがとう」とかいう意味不明な手紙が出てきたりして。私は一体何を友達にあげたのでしょう?谷 啓ハチマキってなんだよ(笑)。
ガサゴソとあさってたら、高校3年の時の模擬試験の結果等も入ってました。担任の先生の手紙と一緒に。しかも、志望校を東大とか、学習院とかにしてる上に「受験科目が欠科目になっているので、判定できません」になってるし。どうよ、私(笑)。担任の先生にも、「推薦枠だけを狙わずに、ちゃんと勉強しなさい」みたいなことを書かれていました。
ある意味、ブレてないな。全くブレることなく、今日まできました。

そして、渡せなかった手紙も。
宛名は、高校の時好きだった人。きっちり封がしてあるその手紙を、開ける勇気がありませんでした。あの頃の私は、何を感じて、何を伝えたかったのかなぁ。。。

あとは、授業中にこっそりとった写真とか(←しかもVサインまでしてる)、朝自転車置き場で20台以上自転車を倒した(けれど走って逃げた)話しとか(今さらですけど、ごめんなさい)、アイスの話しとか、そんな内容のものばかりでした。
色んなことがあって、自分がかわらなくちゃと、もがいた時期もあったけれど。
変わらない。きっと、ずっと変わってない。だから、これからも変わらない。
ま、ただ多少の修正はいるかもしれませんけれど(笑)。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-05-24 14:46 | 毎日の事

私の罪。

離婚の理由を話した、その日から長女は目に見えて元気になった。
それは、とてもよかったし、何より安心した。
けれど、よくよく考えてみると全くいいことなんてないという事に気が付いた。

離婚の理由として、今までは話さなかった「旦那の浮気」について話した。長女は、それで納得した。というより、それを話すまで納得できなかった。
これは、とても問題。
なぜなら、元旦那は暴力夫だったのだから。長女は、産まれてから9年もの間、繰り返し繰り返し、両親が喧嘩するところをみてきた。その上、その度に母親が殴られたり、髪をひっぱりまわされたり、蹴られたりするところをみてきた。警察が家に来たことも数回ある。
長女は、それが離婚の理由だと感じることができないほどに、そんな光景に慣れてしまっていた。
暴力をうけながら、それでも旦那の機嫌をとる私の姿が娘達に伝えたメッセージは何だろう。
自分自身を守ること。自分を大切にすること。
私がそう生きていなければ、伝えられない。

暴力の爪あとは深くて暗い。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-05-18 23:36 | 毎日の事

それでもずっとまわり道

本当のことを話してから、長女がすっかり元気になった。
嘔吐や頭痛といった目に見える症状が消えたのはもちろんだけど、触れれば折れそうな空気を発さなくなっている。
理由を聞いて「そんな大変なことが起きたなら、もう一緒に暮らせるはずがない」と諦めたのか?我が子ながら、なんて潔いんだろうと思う。
どんなに裏切られても、事実を裏返し、ひっくり返した上に自分が傷付かないように事実の大半はなかったことにしてきた私とは大違い。
そうであってほしいという執念は、感じ方さえも狂わせてきた。素直にみれば最初からわかってたのにね。
潔い娘をみてると、自分を守ることにだけに必死で、色んなことの真ん中をみようとしてなかった自分に気付く。大切なことは、いつもとても単純なんだよね。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-05-14 16:28 | 毎日の事

変更しました。

ブログのタイトルを変えました。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-05-13 11:44 | 毎日の事

GW

この頃は、ほとんどというか全く思い出さなくなっちゃってた元旦那のこと。
10年以上も一緒に住んでいたなんてウソみたい。
もう、絶対ヤダ。
連休といえば、何故か早起き。しかもそれは、朝よりも夜中に近い早朝。
で、目覚めた2秒後にはゲームの電源を入れて、後は20時頃眠りにつくまで断続的にゲームをやり続ける。やるなとは言わないけど、やり過ぎだろ。
自分はゲームしかしてないくせに、ちょっとばかり遅く起床すると、すでに不機嫌。
「あんただって何もしてないじゃん」と言ってやりたいところを、何故かグッと我慢して朝食を作る。
朝食を食べはじめると必ず「今日どうするん?」と聞かれる。
どうするんって、私はお前の秘書かっ?
特に予定はないよ。と言えば、その日は一日中ゲーム。…をするかと思えば、昼過ぎ頃から近くのスーパーに行きたいと言いはじめたり、ゲーム屋に行きたがる。
どこかに行く案を出せば、あっという間に予算オーバー。(お金はどこからか溢れてくると思っている元旦那。節約なんて大嫌い。節約しようとすると怒り出す。)
辛い二者選択に苦しめられ続けたこの10年。どちらを選んでも、結局充実感のない出費に落ち込む。
だから、仕事が休みなのは嬉しいけれど、連休ってどこか憂鬱。いつもどこかで、お金の心配をしてしまう。

子ども達と過ごした今年のGW。1日みんなでショッピングを楽しんで、後は家でゆっくり過ごしたり、散歩したり、図書館に行ったり。
ゆったりと、色んなことが楽しめた。そして、慌しくない1日が穏やかに過ぎていく。
ケチケチしたわけじゃないのに、予算内で十分楽しめた。というか、ほとんど使うこともなかった。
今年の連休は、楽しかったな。あと、1日。明日は何をしようかなぁ~。。。(あ、もう今日でした・笑)
[PR]
by egaogafutatu | 2007-05-06 03:10 | 毎日の事

伝えることにしました。

長女に、離婚の直接の原因を話した。
いつまでも、普段よりも少し大きめの喧嘩をしただけだと思っている状態では、いつまでたっても「もしかしたら…」と復縁えの期待が捨てきれないだろうから。
いつかは話そうとは思っていたけれど、その「いつか」は今なのか。話すことで、かえって傷つけてしまうのではないか。
なかなか気持ちが決まらなかったけれど。
話すことにした。後は、長女の乗り越えようとする力を信じるしかないと思って。

パパに好きな人ができたこと。
とても苦しくて、悲しい気持ちで過ごしてきたこと。
それでも、離婚を決めるまでにはずっと悩んでいたこと。
でも、その裏切りが許せなかったこと。
そして、みんなが幸せになるために離婚を決めたこと。

パパが浮気をした。という事実は長女にとってはかなりショックだったらしい。けれど、このことを聞いて、「だから、あの時パパは家に帰らず、実家にも居なかったのか」とか、「だから、あの時運動会にも来てくれなかったのか」など、今まで「?」だったことが次々と繋がった。
そして、「そんなに大変な事が起きてたとは全然知らなかった。ママがもうパパとは暮らさないって言ってた意味がやっとわかった」とポツリと言った。
色々話しをしているうちに、私の腕の中でただ泣きじゃくっていた長女の気持ちが少しづつおさまってくるのがわかった。
「パパ、そんな事しなければよかったのに」と、長女が言った。
「パパには、パパにしかわからない色んな気持ちがあったんだと思うよ。でも、そんなこと言ってもしょうがないんだから、終わったことじゃなくて、これからのことを考えようね。それから、あなたがどんなに嫌だと思っても、人の行動を決めることはできないんだよ。それは親子でも兄弟でも友達でもそう。だから、今回のことでパパのしたことが嫌だなぁと思うなら、あなたはそんなことをしない人になろうね」それから「今まで黙っててごめんね」と謝った。

知らせるには、まだ時期がきていなかったかもしれないし、上手に話せたかどうかもわらない。
でも、これ以上誰も苦しまないために決めた離婚なんだということはわかって欲しかった。足りないところは、ゆっくりその都度話していこう。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-05-06 00:22 | 毎日の事