まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2008年 09月 10日 ( 2 )

相変わらず、鬱と不安神経症療養中です。
先日の診断書には、「不眠症」もつきました。

うすうす度々、目が覚めるなとは思っていたのですが。
あまりにも目が覚めるし、しかも、眠りが浅いのでその度に夢をみているから、朝になったには、どこまでが本当で、どこが夢なのかよくわからなかったりして。
横に寝ているだんなに、朝起きるや否や浮気の疑惑をかけてみたり。
もともとなかった、チョコレートを旦那が全部食べたと言っては激怒してみたり。
全く普通ではない日が続いたので、
「せっかく夢をみてるなら、これを機会に夢日記でもつけてみよう」と思いたち、つけてみました。
時間と、おおまかな内容。
夢うつつながら色々書いてありました。
それより何より驚いたのは、目覚めた回数。
なんと13回!!!

ほとんど寝てないことが判明。
そして、そんな私は今、「躁」の時期に入っているようです。

通院、薬、そして休養。もっと、つらい治療だったら、こんな罪悪感を感じなくてすむのにね。
[PR]
by egaogafutatu | 2008-09-10 15:40 | 病気のこと
私も「トラウマ」を持っている。
そして、それを叩き売ることで、自分や人の行動に、意味をつけようとしたり、正当化しようとしたり、自分の考えをネジネジにねじ込んで、人や世間の目を変えようとする。
私もする。
でも、何のトラウマもなく、のうのうと生きてる人なんていない。
だから頑張れということではないよ。

トラウマがあるから優しくなれる。
人の哀しみなんて、ただわかったつもりになってるだけだ。
哀しみは、実際に経験しない限りわからない。

モラハラも、暴力も、暴力を受けていることを打ち明けることも、配偶者の不倫も、離婚も流産も。本当に経験してない人には哀しみを感じることはできない。

人生の中での経験をどんな風に生かすのか。
心に傷をもちながら、哀しみも苦しみも知りながら、それを利用するなんて最低だ。
過去は、かえられない。変えられない過去を掘って掘ってほじくりかえしても。
「心の傷」をもっている強さと優しさを、自分のためだけに使うことで、いつまでもいつまでも「トラウマ」の連鎖がとまらない。
誰もが、自分を愛せない。
[PR]
by egaogafutatu | 2008-09-10 15:12 | 自分のこと