まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007年 07月 07日 ( 1 )

スタートライン

私が、ブログを始めたのは3年くらい前だったかな???
今、思えばこれが旦那のおかしさに気付くきっかけだったのかもしれない。
ことある毎に「お前は頭がおかしい」とか、「病院に行ったほうがいい」なんて事を言われていたから。自分が書いた文章に共感してくれる人がいるなんて、思ってもみなかった。
最初は、好きな音楽のことやライブのことを中心に書いていた。(今もそのまま放置されているけど・笑)私の好きな音楽も、旦那に言わせると「わかってない」「どこがいいのかわからない」「音楽のセンスがない」と、散々な言われようだから。
いつの間にか、好きなことを旦那に教えたりはしなくなった。けなされるのは嫌だから。
ブログで知り合った人は、だれも私の好きな音楽をけなしたりしなかった。
頭がおかしい。とも、文章の意味がわからない。とも、誰にも言われなかった。
その頃、旦那が浮気をしていることがわかった。
心のよりどころは、ブログだけだった。友達に話したら、浮気をされるのも、暴力をふるわれるのも、私に原因があると言われた。
助けを求めて相談すればするほど、「あなたが変わりなさい」と言われた。口を変え、場所を変え何度言われたかわからない。第3者を入れて話し合えば、その人の前でも私は散々な言われようだった。
「自分の仕事はこんなに大変なのに、給料が少ない。なのにお前は、楽なくせに俺より給料がいい」
「お小遣いも1銭ももらえなくて、ジュースも飲めずにいつも休憩時間に一人で水を飲んでいた」←30万のギターが欲しいから、お小遣いいらないと言って買ってもらったから。という部分は人には言わない。お茶を水筒に入れて持って行ってたことも。口がさけても言わない。
「とにかく自分ばかり我慢していた」
←具体的に何を我慢してたかは言わない。
……もっと酷いこともいわれたなぁ。。。(遠い目)

この頃の私にとってブログは、唯一本音を話せるところだった。どこに住んでいるかもわからない、逢ったことも話したこともない誰かもわからない人に向けてだけ話せる本音。そんなの孤独じゃん。結局一人じゃん。なんてことを思いながらも、ここしかなかった。

今の私。実はまだ、旦那の呪縛から完全に離れられたわけじゃない。情けないけど。離婚してもまだ、私をコントロールできると思っている旦那の行動に心の平穏が保てなくなる。
怒るべきところで、怒れない。なのに拒絶したらしたで、どこかしらにつきまとう罪悪感。
今まで思い出さないようにしてきたことを、少しずつ吐き出したら傷は癒えてくるのかな。
そしたら本当の意味で旦那から離れられるのかな。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-07-07 13:06 | これまでの事