まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー

2006年 07月 19日 ( 2 )

我ながら…

今までの記事を読み返してみました。
すごい。感情の波が。
ここのブログに引っ越した時、心機一転という思いもあったのですが、場所をかえ、できるだけ自分の正直な気持ちを記したいと思っていました。だから、情けないことも、再構築なんていって、全くかわれない自分も、旦那のことも正直に綴ってきました。
そしたらば、すごい。すごい「揺れ」の中にいる私。

でも、ここがあるから普通の顔して過ごせたのかもしれないな…。仕事も休まず、よく頑張ったよ。そのくらい揺れてました(笑)。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-19 22:25 | これまでの事

お互いのために。

先日、言い合いになったのに別居したいと言い出すわけでもなく、指輪を外すわけでもなく、かといって怪しい行動もなく、普通に話しかけてくる。普通に電話もしてくるし、試しに「ぎゅうして。久しぶりだから、もっといっぱい。いっぱいぎゅうして」と言ってみたら、結構ご機嫌な感じでぎゅうしてくれた。
あ~。わかった。お小遣いがなくなったからか?と思ったけれど、欲しがる素振りもない。
本当に、次は何を企んでいるのかわからない。
でも、私とやり直そうと思っての行動ではない。それは絶対に違う。
では、何だ?
私となんて言い合うだけ無駄と、私が旦那に感じているように旦那も同じように感じているとか?もしも、そうならとてつもなく腹立たしい。適度に優しくしてれば、身の回りの事は不自由なくやってもらえると思われている以上に、そっちのほうが腹立たしい。
何故、腹立たしいと感じるのか…。
それは、旦那のことが好きだと言いながら、本当はどこかで旦那の事を見くびっているから。言葉にはださないけれど、私は旦那のことを自分より劣っていると思っている。旦那がいつも感じていた劣等感は、きっと私から発信されていたのだと思う。

きっと、私たちは一緒にいるとお互いに、自分のためにならない。怒りではなく、憎しみではなく、静かにそのことに気づいてほしい。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-07-19 21:43 | 毎日の事