まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

変えられるのは未来だけなんだ

この1週間、また鬱の症状がでていたため、底の方で暮らしていました。

先週の日曜日に、ひろが髪を切りに行って、それが思いがけずかっこよくなってて(←おいっ・笑)、きっかけはきっとそれ。
顔のつくりが変わったわけじゃないけど、目が変わった。今のひろは、目に力がある。だから、表情が変わった。そんな顔を見ていたら、「こんな私とずっと一緒に居てくれるわけない」
…なんて思い始めた。。。自分でも危ないなとは思ったんだけど。
でも、自分では止められない。
後になって、ひろが私の様子を見てて、そろそろ鬱がくるだろうなとは思ってたって言ってたから、きっとその前は相当にハイテンションだったんだと思う。

そんなこんなで、鬱の荒波に翻弄される1週間へ突入。
こんな自分は嫌だ、そんな事を言ったらダメだとわかっているのに、やらずにはいられないし、言わずにはいられない。不安で、不安で消えてしまいたくなる。
でも、本当は消えたくなんかないから、酷いことを聞いて試して確かめる。ここに居てもいいんでしょ?私はここに居てもいいんだよね?
聞いたところで確かめられるはずもなく。実感のない不安。
何回も、ひろにメールを送った。好きだと言われれば、同情はやめてくれと言ったし、逢いたいと言われれば、うそつくなと言った。我ながら酷い。
それでもひろは、「そんなことないよ」とメールを返信して、急いで帰宅してくれた。
何も話さず、目を見ることもせず夕飯を作っている私を抱きしめて「大丈夫か?」と聞いてくれた。
ちゃんと治したい。その時、初めてそう思った。

今は、少しずつあがってきてるから、今度はあがり過ぎないようにしたいのだけど。そのあたりのコントロールが難しいというところが病気なんだね。

わかってるなら、病気という自覚を持ちなさい。と言われ、深く反省などしています。。。
[PR]
by egaogafutatu | 2007-09-08 13:46 | 病気のこと