まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

教訓:旦那の母親は信じるな

旦那が浮気をして、発覚当初は自分の見方をしてくれたとしても、所詮旦那の母親。
この人を信用してはいけません。
うちの場合、幸か不幸か偶然か、同じ時期に旦那のいとこ(女)の旦那が浮気をしていた。
しかも、この旦那、転職を繰り返すものだから、帰還はしたけれど、今度は生活がままならなくなり、自己破産も考えている状況。いとこは、浮気をされた痛みからか、こんな状況で子どもに食べさせる食料もないと嘆いてるわりには、働きはじめるわけでもなく、もう何ヶ月も同じ状況。

こんな状況が、ひとたび旦那の母親にかかれば、悪いのはいとこの旦那ということになるらしい。最近は、離婚を勧めていると言っていた。
けれど、この状況うちの場合と何が違うの?
転職に借金(莫大な携帯料金の)、そして、浮気。ただひとつ違うのは、私が定職についていて旦那の収入がなかったとしても、なんとか生活はしていけるというところ。
それなのに、いとこの家では旦那が悪くて、うちの家では私が悪い。
いつまでも、過去をひきずる私のことを「ノイローゼみたいだ」と言ってたらしい。
いとこは、いとこで「何だかんだ言っても、クローバーさんちはいいよ。お金があるから。私なんて、いつまでも過去に囚われているヒマもないくらい大変なのに」
などとぬかしやがった。
うるさいよ。グズグズいってないで働けよ。

なんで私がお金を貸さなきゃいけないんだよ。貸さねぇよ。
ノイローゼみたいだなんて言っといて、そんな時だけ頼みにくんな。
旦那の母親は旦那と同じ弱さをもっていることを忘れるな。旦那の弱さを作った張本人なんだということを忘れるな。くそ~っっ。幸せになってやる。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-09-30 13:00 | 毎日の事