まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

心がチクッとしたりして…

旦那がすっかり「家庭が嫌だ病」を患っていた頃。
とにかく離婚したい。
クローバーの事は好きでも嫌いでもない。
そういう対象ではなくなった。

今はまだ文字に出来ないくらいヒドイ事をたくさん言われた。
彼女のことは、とにかくお世話になっている。迷惑はかけられない。
そう言っていた。

だから、本気で彼女の事が好きなんだと思った。
私と旦那が出逢った頃、付き合い始めた頃…。その頃の自分が蘇った。
思い出しては胸がキュッとなるような、そんな思いを旦那は彼女に対して抱いているのかな。
そう思ったら、自分が邪魔で邪魔で、無意味に感じられて情けなかった。
生きている意味がないどころか、邪魔だと思われて。
居なくなりたいのに、それもできない。
どうして産まれてきてしまったのかなぁ。こうやって泣くことしかできない。後は何もできないのに。

何のきっかけもないのに、ふと蘇ってくる。
いつかチクッとしなくなる日がくるのかな…。
このままずーっと痛み続けて私を苦しめるような気がして、暗闇を抱えて生きていかなければならないような気がして。今はそれがとても怖い。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-06-13 03:51 | これまでの事