まだ泣くな、まだ、泣くな。この長い環の上。


by egaogafutatu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

きっかけ

事実だけを思い返してみる。
完全に別居(連絡を全くとらない、所在も出勤しているのかさえもわからなかった)となって1ヶ月が過ぎた頃、旦那の方から連絡があった。
きっかけは子どもの保育園申請の書類。
所在がわからないから、会社に郵送した。その書類を投函してから2,3日後だったと思う。
朝、旦那から電話があった。
「家に帰ろうと思う。これからずっと」
自主帰還だと思っていた。なのにナゼか苦しんでいるのは私一人。旦那からは、これっぽっちも頑張ろうという姿はみえない。
試されているような。そんな毎日。もちろんsexなんてあるはずがない。
でも、女とまだ続いているなんてこれぽっちも疑わなかった。いや、意識してなかっただけで疑っていたのかもしれない。
それから3ヶ月がたち、ほぼ1年ぶりに私達はsexをした。そしてキスしたり、ハグしたりすることが再び日常になった頃、旦那が女とまだ続いている事を知った。
取り乱し、泣き叫ぶ私に旦那はただただ謝った。本当にごめん。クローバーとやり直したい。そう言った。
それから今日までの1ヶ月間、幾度となく荒れる私を投げ出さず、時には優しく、時には切れながらも、でも投げ出さず傍にいてくれる。

いつ、何をきっかけに気持ちが変わったのだろう?

去年の夏、とにかく離婚したいと言われた。
別居後、家に帰ってからも心の中に女がいたことは間違いない。
何がきっかけだったのだろう…。
それがわかれば安心できるような気がする。
それをやめなければ、もう旦那の心が離れることはないのだから。
教えてほしい。そうしたら、一生それを続けるから。
[PR]
by egaogafutatu | 2006-05-14 21:51 | 毎日の事